悪玉コレステロール下げる運動法とは?

悪玉コレステロールを下げるうえで食事に気を遣っても、結果があまり出ないと悩んでいないでしょうか。コレステロールというのは中性脂肪、肥満などとの関わりも深く、コレステロールだけを下げるということは難しいです。ですので悪玉コレステロールを減少させたいのであれば、中性脂肪、肥満などの改善についても考えることが重要であり、食事を見直すことはもちろんですが、改善が見えても途中で諦めてしまう方が多いです。最初から辛いことをすると途中で挫折してしまいがちなので、ゆっくりと減らしていくということを考える必要があります。ちなみに悪玉コレステロールを下げるために運動をするということが大事なので、運動の重要性と運動の方法について紹介します。

 

では仕組みについて説明しますが、そもそも人間の体脂肪というのは中性脂肪から構成されており、コレステロールと関わりがあります。中性脂肪というのは肉や魚の油の部分に含有されており、過剰摂取することで体脂肪として蓄積されてしまううえに増加することで善玉コレステロールが減少して悪玉コレステロールが増加してしまいます。中性脂肪というのは臓器の保護や保湿などメリットもある反面で過剰摂取してしまうと良くないものになり、動脈硬化などを引き起こしてしまう可能性もありますので、気をつけましょう。

 

ちなみに体脂肪1kgを減らすなら7000kcalを消費しなければいけませんので、毎日230kcal減少させなければいけません。食事制限だけだとこれを達成するのは厳しいので運動もしっかりとするようにしましょう。ただ、継続しなければ意味がありませんので、ウォーキングなどの軽い運動から始めることをオススメします。