悪玉コレステロールを下げるDHA&EPAの効果は?

EPAやDHAという成分がコレステロールを下げる効果があるというのは良く聞きますが、実際にはどうなのかを知っていますでしょうか。そもそもEPAやDHAには血流改善効果があり、摂取することによって皮膚表面や末端まで血液が流れるようになります。血液が皮膚表面や末端まで流れるようになりますが、それによってコレステロールが末端の毛細血管にも使われるようになるので、血液中のコレステロールが分散することによって減少させることが可能になります。また、EPAやDHAは血管に付着したコレステロールの塊も肝臓に戻す働きがあることで、より高いLDLを低下させる効果があります。

 

そもそもLDLコレステロールが増加することで、血管にへばりついて動脈硬化を引き起こしてしまうことがあります。そうなるとさらに命に関わる疾患に発展してしまう恐れがありますので、そうならないようにLDLコレステロールの数値は高すぎると下げる必要があります。

 

ただ注意していてもらいたいのがEPAやDHAも摂取しすぎるということは避けましょう。摂取しすぎてしまうとLDLコレステロールが高まってしまうことがありますので、適度に摂取するということが大切です。もちろんそればかり摂取するのではなく、それ以外の栄養素もしっかりと摂取する必要があります。もちろんEPAやDHAというのは青魚などにも含まれていますがサプリメントなどでも摂取することができますので、そういったものも利用するといいでしょう。