コレステロールと肩こり、頭痛の関係

聞いたことがある方も多いと思いますが、脂質異常症というものを知っていますでしょうか。メディアなどでも取り上げられることが多いのですが、実はこの脂質異常症の8割以上の原因は生活習慣によるものです。生活習慣以外の原因になるのは遺伝子異常や病気の合併症などになりますので、もし発症したらそれは基本的に生活習慣によるものだということを把握しておきましょう。ちなみに生活習慣というところに関して掘り下げて説明しますが、これは運動不足、過食、高カロリー、コレステロール過多による肥満が原因だとされています。

 

脂質異常症はコレステロール値が高いことによる疾患ですが、これによって引き起こされる最大の問題は動脈硬化を引き起こす原因になるということです。血管内壁にコレステロールが溜まると血管はもろなってしまい、硬くなってしまうので動脈硬化になりやすいといわれています。

 

また血管系に問題が出てしまうことによってめまいや頭痛、そして肩こりなどが出ることもありますので、とにかく重要なことはコレステロールを下げるということになります。数値が上がってしまっても、きちんと生活習慣を整えるだけで改善することは可能になります。

 

すぐにでも出来る対策としてはコレステロールが多く含有される食べ物を摂取しないということであり、運動を適度に行うということも重要になります。煙草を吸っている方は禁煙をすることも考え、ストレスも出来るだけ溜めないようにしましょう。