コレステロール 下げる サプリ

コレステロール下げるサプリはどんなの?

血液中の総コレステロール値は、脂質代謝の異常を判断する、大事なものさし。基準値は140〜199r/dL。値が200r/dLを超えた時は、HDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールのどちらが増えたかが重要に。善玉であれば、そう問題ありませんが、悪玉の増加には注意が必要です。

 

一時的な異常の場合もありますが、脂質異常症、動脈硬化などが原因となっていることも。善玉、悪玉、中性脂肪もセットで値をみることが大切です。コレステロール値を下げるには、運動と食事の改善がカギ。さらに当サイトで紹介の、DHA&EPA、ナットウキナーゼなどを配合したサプリで、助けてあげると良いですよ。

 

きなりの特徴

クリルオイルのDHA&EPAとナットウキナーゼがコレステロールを下げるサプリです。DHAは中性脂肪も減らす作用あり。EPAが血栓を造らせないので血液サラサラ。高抗酸化作用のアスタキサンチンは動脈硬化の予防に。さらに、ナットウキナーゼの血栓を溶かす作用で、いまある血栓にも対応。1日めやす4粒に、DHA&EPAを500r配合。ニオイをブロックした飲みやすい仕上がり。検査結果の値が高く、動脈硬化の心配がある方に。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA&EPA、ナットウキナーゼ

 

DHA&EPA オメガプラスの特徴

DHA&EPAとαリノレン酸がコレステロールを下げてくれるサプリです。亜麻仁油のαリノレン酸が血管をしなやかに血液サラサラに。アスタキサンチンやクリルオイル配合で、血液サラサラで動脈硬化を予防。コレステロールを下げるという、鮫とオリーブのWスクワレンをプラス。1日めやす4粒に、DHA243r、EPA85rを配合。のみやすいサプリに仕上げています。お手頃で続けやすいサプリをお探しの方に。

価格 1,666円
評価 評価4
備考 DHA&EPA、αリノレン酸

 

小林製薬 ナットウキナーゼの特徴

DHA&EPAとナットウキナーゼ、ケルセチンがコレステロールを下げてくれるサプリです。ナットウキナーゼが従来品の2倍含有で、血栓を溶かす力も2倍に。気になるビタミンKとニオイは、しっかり除去しているので安心。ケルセチン高含有の玉ねぎ、さらさらレッドを使用し、血液もサラサラに。1日めやす1粒に、DHA&EPAを159.1r配合。たくさん粒を飲むのは苦手という方にもおすすめです。

価格 1,134円
評価 評価3
備考 DHA&EPA、ナットウキナーゼ、ケルセチン

 

そもそもコレステロールとは一体なにもの?

 

身体に悪いものとして認識されているコレステロールですが、コレステロールは生命の維持に欠かせないものでありビタミンDの材料や細胞膜の成分になったりするものです。

 

もともと私たちは体内でコレステロールを生成することができるのですが、これだけでは足りない為一日に500ミリグラム〜600ミリグラムを食品から摂取することで不足を防ぐことができます。卵一個に250ミリグラム前後のコレステロールが含まれていますので一日に2個ほど食べると補うことができるでしょう。

 

コレステロールは取りすぎることによって動脈硬化など生活習慣病の原因となってしまいますが、不足すると細胞膜に障害が起こってしまうのでコレステロールを全く摂取しない食生活も問題になってしまうのです。
コレステロールには悪玉と善玉の2つの種類がありますが、そのどちらも人体にとっては必要なものであり、悪玉コレステロールは細胞膜やホルモンなどの合成使われ、過剰な摂取などで増えすぎると血管の内側に張り付いて動脈硬化の原因となってしまいます。

 

そこでこのこびりついた悪玉コレステロールを取り除くのが善玉コレステロールの役目となります。悪玉と名前がついていても必要なものとなるので悪玉コレステロールが増えすぎないように善玉コレステロールを増やすことで体内のコレステロールのバランスを取ることができるのではないでしょうか。

 

またコレステロール自体を取りすぎたと感じる場合にはナッツ類や海藻などに含まれる水溶性の食物繊維を摂取することによって血中のコレステロール値を下げることができます。

 

コレステロールの数値が高くなる原因はなに?

 

生活習慣病の原因の一つであるコレステロールは、基準値の範囲内であれば人体にとっては必要不可欠なものであり、過剰に摂取することで健康に悪影響を及ぼすものです。コレステロール値が高いなんていう愚痴を聞いたことはありませんか?ではなぜコレステロールは高くなってしまうのでしょうか。

 

コレステロール値が高くなる原因は3つ挙げられます。まず一つ目は食生活や生活習慣です。食べ過ぎや飲みすぎ、運動不足など肥満になりやすい生活習慣を送っている人の多くはコレステロール値が高くなります。二つ目はコレステロール値が高くなる病気を持っていることです。

 

コレステロール値が高くなる病気の代表的なものが糖尿病であり、特に生活習慣の乱れや食生活の乱れなどによってかかる二型糖尿病の患者さんがコレステロール値が高い傾向にあります。つまりコレステロールを過剰に摂取する生活を送っていると糖尿病になりやすく、糖尿病になればコレステロール値は必然的に高くなるという繋がりがあります。

 

そして三つ目はコレステロール値が高くなってしまう遺伝です。体質的なものとなるのですが、生活習慣の乱れや食生活の乱れと連動して高くなることが多いのでこちらも普段の生活の改善は必要になるでしょう。三つの原因に共通しているのはどれも生活習慣や食生活であり、 暴飲暴食や運動不足などが続くことでコレステロール値が高くなり様々な病気の原因となってしまうので普段から意識して見直すことが重要になるのではないでしょうか。

 

コレステロールを下げる薬は使うべき?

 

適度な運動を取り入れたり、コレステロールを下げる働きをもう成分を含んだ食材を普段の食事に積極的に取り入れるなどしてコレステロールを下げることができます。またこの他にはコレステロールを下げる成分が配合されたサプリメントを飲んだり、コレステロールを下げる働きのある漢方薬を取り入れることでもコレステロールを下げることができるので毎日の生活に取り入れている人も多いのではないでしょうか。

 

健康診断などでコレステロール値が高いと指摘されてもなかなか普段の生活や食事の改善をすることができず、放置してしまっている人も多いのではないでしょうか。ですが実は放置することはとても危険であり、高コレステロールの状態が続くことによって動脈硬化などを引き起こし、本人には特に自覚症状もないまま死に至る病気の繋がることからサイレントキラーとも呼ばれているほどなのです。

 

そこでどうしても生活の見直しなどをでコレステロール値を下げることが出来ない、コレステロール値が異常に高くなってしまっておりすぐに下げる必要がある場合には薬によってコレステロール値を下げることができます。即効性があり簡単にコレステロール値を下げることができるのですが常用することによって胃腸障害や肝機能障害などが起こることもあり、スタンチン系の薬の場合には手足の痛みや倦怠感などの副作用も報告されています。

 

医師の処方によって飲むことができる薬であり、コレステロール値をいち早く下げることができるのですが、まずはできるだけ薬に頼らずに普段の生活を改善してコレステロール値を下げましょう。

 

コレステロールを下げるならサプリがおすすめ

 

健康を維持する為に必要不可欠なコレステロールですが、血中に存在するコレステロールが一定の量を超えてしまうと高コレステロールとなり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の原因になってしまうので過剰な摂取には注意が必要です。

 

これらの病気はコレステロール値が高いことが直接関係するわけではないのですが、コレステロールが体内で増えすぎた活性酸素によって酸化してしまうことによって血管の内側などに張り付いてしまい血管を細くしてしまったり、詰まらせてしまったりすることで病気の引き金になってしまうのです。健康診断などでコレステロール値が高いと指摘されても特に自覚症状もない為、生活の改善なども意識せずに疾患に繋がることも多いので、コレステロール値が高い場合には下げることが重要になります。

 

コレステロール値を下げる上で一番重要になるのが食事ですが、忙しい毎日の中でバランスの良い食事を取り続けるのが難しい場合にはサプリメントも効果的です。コレステロール値を下げる働きのあるDHA、食物繊維、紅麹が配合されたサプリメントやコレステロールの酸化を抑制するアスタキサンチンやビタミンAの配合されたサプリメントを選ぶことでコレステロール値を下げるだけではなくコレステロールの酸化を防ぐことができるので病気の予防にも繋がるのです。

 

多くのメーカーがコレステロール値を下げることができる成分を配合したサプリメントを販売しており価格も比較的安価な為、毎日の生活に取り入れやすくなっています。

 

高コレステロールが原因となる病気

 

食の欧米化以降、日本人は脂肪や糖分などを過剰に摂取しすぎていると言われており、中でもコレステロールは深刻な問題となっています。コレステロールと聞くと多くの人が身体に悪い、病気になるとイメージしますが実はコレステロールは健康を維持する上で必要不可欠なものであり、0にすることは出来ないものなのです。ですがコレステロールを多く摂取することで健康に影響を及ぼすものなので、健康診断などでコレステロール値が高いと言われた場合などは食生活などを見直すことが重要になります。

 

コレステロールが高い状態が続くと身体の様々な部分に悪影響を及ぼすのですが、中でも代表的なものが動脈硬化です。不規則な生活習慣や加齢によって弾力が失われてしまい硬くなった動脈の内側にコレステロールがこびりつくことによって動脈の内側がボロボロになってしまったり、詰まってしまったり、最悪の場合には動脈そのものが破裂してしまったりと深刻な問題が起きてしまいます。

 

またこれによって動脈によって身体の様々な場所へ運ばれるはずの酸素や栄養素などが上手く行き届かなくなるので、臓器や組織の働きも悪くなってしまい様々な病気の引き金になってしまうのです。特にコレステロール値が高い場合は糖尿病や高脂血症など生活習慣病の引き金になる可能性が高いことでこれらの生活習慣病は合併症を起こしやすいものなので、普段からコレステロール値を意識して食生活などを見直してみましょう。